若鬼士会

『若鬼士会』とは、三州鬼瓦製造組合に加盟している若手鬼師の有志団体です。 各地のイベントやボランティア活動に参加し、三州鬼瓦の良さを知っていただけるよう努めております。
皆様のご意見・ご要望をお待ちしております。気軽にお問い合わせください。

2011年10月17日

鬼みちまつり〜無事終了!


10月15日(土)朝。
警報の出ていた最悪のコンディションの中、午後1時の開催に向けて、第10回鬼みちまつりの設営が行なわれた。
午後の開催時には警報はすでに解除され、時折、小雨の降るなか各イベントは着々と消化されていく。
こんな天候にも拘らず多くの来場者があり、会場は賑わいをみせた。

2011-10-15 18.34.31.jpg
正直言って、今回の設営は大変でした。
スタッフの皆様、お疲れさまでした。

posted by 若鬼士会 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年07月27日

鬼瓦手形

鬼瓦手形・足型 やりました。わーい(嬉しい顔)


あかちやん・
子供   たちの可愛い手形・足型です。。。。。。。。。。。手(チョキ)

かわらの粘土を使い足をムギュと・・・・・・・・・・・・・・・・
るんるん

こどもたちに大人気。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




  鬼嫁犬CA3F02190001.jpgCA3F02190001.jpg
posted by 若鬼士会 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年07月26日

上賀茂神社

CA3F02160001.jpgCA3F02160001.jpg7月24日に上賀茂神社で手作り市に行って来ました。

鬼玉   しょうきが大人気でした。。。。。。。。


鬼瓦を日本全国にひろめよう。。。。。。。。。。。。。

わーい(嬉しい顔)
posted by 若鬼士会 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年07月22日

ランプシェード制作2011 共同作品

ランプシェード「鬼あかり」制作も本日がオーラス。
GW明けから市内小学校5,6年生を対象に行なってきた。
会場は例年の如く、かわら美術館陶芸創作室で行なった。
熱気ムンムンの小学校体育館での出張指導と違い、ここは空調完備で快適この上ない。

各校各学年の選抜チームに、それぞれひとりづつ講師を付けての作業。
自分の担当は高取小学校「ONION」チーム・・・何故「たまねぎ」なのかは不明だが、
作業開始当初は子供達も段取りが解ないので、とにかく役割分担させて手を休ませないようにするのがキモ。
この段取りが悪いと、すべて自分に降りかかって来る。
慣れてくると子供達は、自ら「ああしたい、こうしたい」と、創作魂に火がつき、当初のデザイン以上の物が出来ると言うのが、いつものパターン。

完成の図!
2011-07-21 15.51.39.jpg

今回は、写真がこれ一枚のみ・・・

ちなみに、今回、NEW ENTRY の高浜高校ピチピチチームは、でかいオブジェ作ってました・・・
また次回、鬼みちまつり当日のレポートで披露します!

なお、今年の「鬼みちまつり」は、10月22日(土)です。

posted by 若鬼士会 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年06月28日

ランプシェード製作2011

毎年恒例の、ランプシェード造り。
高浜市内の小学校5,6年生の児童対象に継続的に行なわれ、今年で何と11年目!
その間、ずっと講師として足を運んでいる訳で、良く続いているなぁと、我ながら感心してしまう。
6月初旬から各校、各学年別に8回に亘って開催し、今回は最終、吉浜小学校6年生の部。
午後の授業2時間を使って、体育館に125名の児童が集合。

連日の30℃オーバーの陽気で、体育館内はサウナ状態・・・
2時間1ラウンドをこなすと、マジで2kgくらい一時的に体重落ちます。

全員を集めて、まずはレクチャー・・
2011ls01.jpg

6年生は自由創作なので、思い思いのかたちにしていく。
2011ls02.jpg

みんな真剣そのもの・・・
2011ls03.jpg

スタイルは十人十色。
2011ls04.jpg

作品完成後、みんなでX!おつかれ!
2011ls05.jpg

尚、この作品は乾燥後、各窯元に一旦引き取られ「いぶし瓦」で焼かれ、秋の「鬼みちまつり」のメインイベントとして、かわら美術館・森前公園をはじめとする「鬼みち」沿線に飾られる。

posted by 若鬼士会 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年06月16日

本日は先生なりぃ〜碧南工業高校

ここ最近は、市内各小学校でのランプシェード作りの講師として多忙な若鬼士メンバー。
今回は、小学校ではなく愛知県立碧南工業高校より依頼があり、新旧組合長でいく事に。

工業高校美術部なので、血気盛んな男ども相手かと思っていたら・・・・

なんと、

全員女性!そう、女子高生!!
まぁ、オジサンとしては悪い気はしないわけで、、△$□*・・・
最近は、工業系の学校でも女子生徒が多いそう。

と言うわけで、

2011-06-16 13.07.44.jpg

2011-06-16 14.28.03.jpg

2011-06-16 14.28.41.jpg

2011-06-16 14.45.02.jpg

作業終了後、みんなで集合写真を撮ったんだけれど、
スマホに保存されてなかった。
みなさん、ごめんなさい。。

取り合えず、仮アップと言う事で、追って修正追加して再アップします。






posted by 若鬼士会 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年05月09日

鬼瓦車止め

CA3F016700010001.jpgCA3F016700010001.jpg鬼瓦で作った車止め

猫。新幹線。犬。 アシカ。  製作中。


若手鬼師が集まり粘土をコネコネ。。。。。。犬

猫rder="0" />
仕上がりが楽しみですね。。。。。。手(チョキ)

   鬼嫁


posted by 若鬼士会 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年03月19日

知恩寺手作り市

またまた京都の知恩寺で朝8時〜夕方まで鬼瓦の宣伝のため展示・販売してきたよダッシュ(走り出すさま)
さすが京都   ショキさんがよく売れる。 

鬼嫁一人で販売してきたらよく売れたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


鬼嫁HI3H0289.jpgHI3H0289.jpgHI3H0289.jpg
posted by 若鬼士会 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年02月14日

京都智恩寺手作り市

みなさんこんにちは。
明日朝8時~夕方まで京都の智恩寺で手作り市で鬼瓦の小物販売をします。
是非遊びにきてください。わーい(嬉しい顔)ちっ(怒った顔)がく〜(落胆した顔)
鬼瓦を全国に広げよう。。。。。



鬼嫁
posted by 若鬼士会 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2010年12月27日

名古屋三越

12月29日〜1月4日まで名古屋栄三越6階で三州干支瓦・鬼瓦の販わーい(嬉しい顔)売をします。正月飾りの縁起物を多く販売してます。
高浜の鬼瓦をついに有名デパートで販売してもらえます。
こりやすげえ・・・・・・・・・・・・。


鬼嫁
posted by 若鬼士会 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2010年12月24日

第2回 鬼瓦づくりに挑戦! 12/18実施

現在開催中の、かわら美術館の季刊イベント「三州瓦と高浜いま・むかし」のイベントの一環で、去る12月4日に1回目を開催。

今回、同企画の第2弾。
20名の一般のご参加をいただき実施。

workshop2_01.jpg

workshop2_02.jpg

workshop2_03.jpg

workshop2_04.jpg

今回の作品の傾向は、前回に比べより大きく、より大胆になってきました。何故?
全員の方が鬼面を製作。自発的にエントリーしてきた方ばかりなので、やる気満々!
指導に当たった私たちもビックリの出来栄え。逆に教えられるものが多くありました。
素人恐ろし!侮れません!!

この作品は、いぶし瓦で2月初旬に焼きあがります。

好評に付き、継続事業として考案中です。
いぶし瓦を理解していただく良い機会になればと思います。



posted by 若鬼士会 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2010年12月15日

だるま窯火入れ〜一部始終公開

だるま窯本番、火入れ12月11日、長かった一日を順を追って紹介。

朝陽を背に浴び、本番直前の緊張のひと時・・・
dday01.jpg

鈴木実行委員長のあいさつで始まり、火入れ式も無事終了。長い一日のスタート。
dday02.jpg


dday03.jpg


dday3.5.jpg


dday3.8.jpg

会場を窯場から5分のホテルに移動して、全国だるま窯サミットの開催。
三州瓦工業協同組合、山本理事長のあいさつ。 
dday3.9.jpg

奈良生駒よりわざわざお越しくださった、日本伝統瓦保存会、山本会長の基調講演。
テーマ:『唐招提寺・平城宮の瓦づくり秘話』
「平成の今、生活水準は上がったが、文化水準は荒んだものとなってしまった・・・」
印象深いひとこと。
dday3.91.jpg

基調講演に引き続き、
『土窯・だるま窯各産地よりの報告』
パネルディスカッション『なぜ今、だるま窯か!?』と、進められていった。

トークが盛り上がり30分遅れで懇親開開始。
dday04.jpg

終了後、歩いてだるま窯へ。
窯の温度はすでに700度に達している。
ddday05.jpg

パワー炸裂!山田修二氏率いる淡路軍団は日帰りのハードスケジュール。
わざわざ駆けつけてありがとうございました。感謝。
dday07.jpg

重鎮。タイプは違えど熱き思いは同じ・・・生駒の山本清一氏 vs 淡路の山田脩二氏
dday08.jpg

25:00 800度
dday09.jpg


12日午前3時過ぎには、目標としていた1,000℃の壁を越え1,008℃まで上がった。
安堵のひととき。
20101212komi01.jpg


鈴木実行委員長、疲れもピークに・・・
だるま窯脇の倉庫を片付け、地域の皆さん手造りのアジト(今後は地域の集会所)にて。
考えてみたら、全てが手造りの当企画。スゴイ!
20101212komi03.jpg


ちょっと気を緩めると、炉内の温度が下がってくる。
20101212komi02.jpg





弱い北西風が吹いている・・・
ロストル(空気口)は西側を絞り東側を全開に。
20101212komi04.jpg


力いっぱい空気を吸い込んで、炉内は最高の状態に!
20101212komi05.jpg


瓦で煙道を絞ってやり蓄熱を促す。
20101212komi06.jpg


そろそろ込みも近い。
ロストルを封印し泥を打ち気密性を高める。
20101212komi07.jpg


さらに砂をかけ、平らに埋め戻し「込み」に備える。
20101212komi08.jpg


青い松葉を用意しスタンバイ完了。
20101212komi09.jpg


いよいよクライマックス!ピーんとした空気が張り詰める。
 AM5:30、込み開始。
20101212komi11.jpg

煙道の炎の勢いが増してくる。緊張の中、高橋親方の指示が飛ぶ。


すぐさま、もう一方の焚き口の込みも行なう。目処が立った瞬間。
満点の星空にだるまの炎が舞ふ・・・  まさに、その瞬間!


引き続き、焚き口を閉じ泥を打つ。
20101212komi12.jpg


20101212komi13.jpg

依然として、
焼成炉内では、もちろん確認は出来ないが、込みで大量投下された松葉と薪が、酸欠寸前状態で燃焼/不完全燃焼を繰り返し黒煙と炎がとぐろを巻き、とてつもないエネルギーが溢れかえっているだろう。


20101212komi14.jpg

炉内の状態が落ち着くまで少し間合いを置いてやって、煙道に泥を打ち火口を絞ってやる。
この火柱も徐々に勢いを弱め、やがて黄ばみを帯びた煙に変わる。



東の空が白々としてきた。炎との格闘の終焉も近い。
20101212komi15.jpg


・・・と、思いきや煙の勢いの無くなった煙道から空気が入り込み、再び帯(火柱)が上がる。


だが、心配後無用、良く焼けている証拠!煙道に水を打ち火柱を納めてやる。
「もう観念しなよ、よしよし・・・」って感じで。


ご来光。
20101212komi16.jpg


戦い終えて、疲労のピークを通り越し放心状態。
今回の主役・高橋さん、張り付きで撮ってくれたKATCHさん、互いを労う。
20101212komi17.jpg


煙道も泥を打ち、全ての行程完了。
20101212komi18.jpg

夕方からの追い込みから、朝を迎えほんの数時間前のことを振り返ってみる。
睡眠不足と疲れも手伝って、遠い昔の出来事のような妙な気分。

かつては自分の家の窯場にも、同様のだるま窯があり稼動していた。
自分が小さな頃に見た、あの旧き良き時代にタイムスリップしていたかのような不思議な感覚。
途方も無く辛い大変な作業だが、今のガス窯にはないロマンが、そこにはあった。
多分、それは単にガス窯とだるま窯というハード面の違いだけではなく、ここまで辿り着くまでの困難を極めた全ての過程、目的達成のために一生懸命動いてくれた多くの人々の思い・・・
それが集結されて、はじめて成された業。
窯焚きに関しては真剣勝負ゆえ余計な手出しは出来なかったが、邪魔にならないように終始、張り付いて見とどける事が出来たことはいい経験となった。
(ブログ記事に使う資料画像確保が責務なので、それがそうさせたとも言えるが・・)

何はともあれ峠は越えた・・・
高橋さんはじめとする精鋭窯焚き部隊の皆さんのがんばりに心より拍手を送りたい!

そして遠路遥々、全国各地から駆けつけてくださり激励くださった関係各位の皆様方には、心より感謝いたします。だるまの火(精神)を絶やさず未来に伝えて行きたいものです。
淡路さん、週末の窯焚き頑張ってください。

同じく来週土曜日、三州だるま窯は、ハラハラ、ドキドキの窯開け。


火入れ式から、丸一日。本当に長い1日。
D-day は、皆様のおかげをもちまして無事に終了した。

窯明けは、12/18(土)9:00から。一般見学できます。

同日10:00より、かわら美術館において「鬼瓦づくりに挑戦 第2回目」を開催します。
こちらは定員30人のところ、まだ若干の空きがあるかも・・!?
詳しくは「かわら美術館」0566-52-3366まで、直接お問合せ下さい。




posted by 若鬼士会 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2010年12月06日

「鬼瓦づくりに挑戦」1回目 レポート

かわら美術館で現在、開催中の「三州瓦と高浜いま・むかし」展のイベントで一般対象で実施しました。
この企画は、今回紹介分と、12月18日(土)10:00からの実施となります。


画像 009.jpg

画像 016.jpg

画像 022.jpg

画像 024.jpg

2010-12-04 12.41.53.jpg

皆さん、鬼瓦をつくってみたい!という熱い気持ちを持って参加されていますが、全くの素人。
事前にこんな物を造りたいと構想を練ってみえた方もいましたが、現場で決めた方が大方。
技術的なアドバイスしたり、スタッフが若干、手を入れた部分もありますが、どれもこれも素晴らしい出来栄え!
たった2時間という時間の制約の中で、プロも顔負けの作品ができた。
正直言って余り期待はしていなかったのですが、いい意味で見事に期待を裏切ってくれました。
素人恐るべし!!


ちなみに、第2回目まだまだ定員に余裕があります。
詳しくは、
当ブログサイト記事「鬼瓦づくりに挑戦!〜イベント案内」




posted by 若鬼士会 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2010年10月16日

満員御礼!第9回鬼みちまつり

今回で9回目となる「鬼みちまつり」。
今年は高浜市制40周年、かわら美術館会館15周年と言う冠つきの記念イベントとなった。
今年のテーマは、原点回帰で「鬼」。

元来のメインイベントの「鬼あかり」点灯が夕刻の為、14:00がオープニングセレモニー。



オープニング前のメイン会場(かわら美術館森前公園)ステージのワンショット。まずまずの人出。

2010_onimichi_main_day.355.jpg



オープン直後の「鬼みち駐車場会場」の様子。
ここには若鬼士会のブースがある。

2010_onimichi_shop0.355.jpg



鬼みちまつりの舞台となるのは、鬼みちの前半部分、名鉄高浜港駅からかわら美術館までの約600mの沿線。
ここに4ヶ所会場が設けられ、30を超えるイベントブース、販売ブースが所狭しと立ち並ぶ。



三州鬼瓦担当の「粘土であそぼう」ブース。

2010_onimichi_nend1.355.jpg


今年は高校生ボランティア4名がお手伝いに来てくれ大活躍!
おかげでスタッフの鬼師は、ちょっとだけ楽させてもらった・・感謝。

2010_onimichi_nend2.355.jpg

隣りのブースでは、かわら美術館の陶芸絵付け体験、陶芸指導員によるロクロ実演も行われ賑わいを見せていた。

向かいのブースには、ローカルFMラジオ局「Pitch FM83.8」公開生放送特設スタジオがお目見え。
11:00から18:00まで会場張り付きでON AIR LIVE! イベントに花を添えた。

2010_onimichi_main_FM.355.jpg




オープニング直後からいろいろなイベントが同時進行され会場各地は一気に盛り上がりを見せる。
公道を封鎖?してのCHARAPOCO踊りのパレード、スタンプラリー、メインステージでは郷土芸能、ミニコンサート、人気のブースは長蛇の列が絶えない。

高浜市の旧吉浜地区は元々、養鶏が盛んだった所。そんなことからマイナーながら郷土料理の「鳥めし」は絶品!
これをB級グルメとして全国発信しようと商工会、観光協会が奮起、各フードブースでは「とりめしバトル」が繰り広げられ味を競った。




夕刻が迫る頃には、会場沿線の2,000個余りのランプシェードに順に灯がいれらていく。

2010_onimichi_lump00.355.jpg



若鬼士会ブース。夜になっても人出が絶えない。
オリジナル鬼瓦グッズを数多くディスプレーし販売。

2010_onimichi_shop.355.jpg



メイン会場ガーデンステージでは・・・
尺八&ピアノ&チェロ、和洋折衷構成のトリオのコンサート。
会場内は、独特な心地よい音色に包まれていく。
ライトアップされた観音像、会場内に点在する鬼あかりの柔らかな灯が幻想的な空間を演出。
昼間の盛り上りとは趣を異にした鬼みちまつり本来の癒し系・和みの世界。


2010_onimichi_main_night.355.jpg



2010_onimichi_lump01.355.jpg



2010_onimichi_lump02.355.jpg



2010_onimichi_lump03.355.jpg



2010_onimichi_lump04.355.jpg


盛り上がりを見せた各会場も19:30の閉会セレモニーを境に20:00頃には徐々にフェードアウトしていく。



公式発表によると今年の来場者数は昨年対比140%の32,000人。
ご来場の皆様、ありがとうございました。


関係各位の皆様、お疲れさまでした。


撤収後のスタッフミーティング締めの言葉、
好評に付き、また来年もやるからよろしくね・・・と、同級生の行政担当責任者のひとこと。どっと、疲れが出たのは言うまでも無い。


*掲載写真は携帯電話で撮影の為、画質の悪さはご容赦ください。

posted by 若鬼士会 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2010年09月10日

鬼の型押し体験

DSCF0625.jpgみなさんこんにちは。
昨日鬼瓦を広めるため安城高棚小学校に講師として行ってきました。 鬼の歴史、文化、鬼瓦の作り方などを教え生徒さんは熱心に学んでいました。 その後、鬼の型押しをし、猫やハートなどの型を使って安城で採れた粘土を使い体験を楽しそうに製作をしました。  鬼嫁
posted by 若鬼士会 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2010年07月31日

三州瓦TV CM

posted by 若鬼士会 at 11:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動報告

2010年07月29日

屋根のプロがいぶし瓦を薦める14の理由

z0.jpg



z1.jpg
z2.jpg
z3.jpg
z4.jpg
z5.jpg
z6.jpg
z7.jpg


*原本は、お手軽な手帳サイズのリーフレットとなっています。
 関連業者さまの販促グッズとして是非ご利用下さい。 
 お問合せは、日本屋根経済新聞社まで。
posted by 若鬼士会 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

手形足型

DSCF0569.jpgみなさんこんにちは

昨日はつばさ幼稚園でお子さんに手型足型を粘土に押してもらい
楽しんでもらいました。なんと集まったのが子供75人親75人の合わせた150人。。。。。。。。。すごい。。。。。。。。。

夏の親子の楽しい記念になりました。。。。


鬼嫁

posted by 若鬼士会 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2010年07月22日

ランプシェード共同作品

エアコンのバッチリ効いたかわら美術館陶芸創作室で作業。
快適、快適〜。。。
LS201002.jpg
午前の部終了、できた〜!集合写真。
LS201001.jpg

昼から自分のところの工房(スレート葺の2F)へ上がり、
作りかけの露盤を眺めながら段取り確認。
それにしても暑い、ここは特に暑い。

何もしないうちから汗だらだら↓、戦意喪失。
日中はあきらめ「5時から男」体制に作戦変更。

・・といことで、
冷蔵庫のような事務所で、ブログ執筆なう。

posted by 若鬼士会 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告