若鬼士会

『若鬼士会』とは、三州鬼瓦製造組合に加盟している若手鬼師の有志団体です。 各地のイベントやボランティア活動に参加し、三州鬼瓦の良さを知っていただけるよう努めております。
皆様のご意見・ご要望をお待ちしております。気軽にお問い合わせください。

2008年09月04日

「食」と「鬼」のコラボ

 
 三州鬼瓦の地元にある衣浦グランドホテル

kinuuraGH.jpg

ここの1Fにある、知る人ぞ知る隠れ家的なお店「和食処 潮浜」。
今回、潮浜の板長さんの粋な計らいで、店内に鬼瓦ギャラリーが誕生しました。三州の伝統の技を注いだ匠の作から、個性溢れる現代的な作風のものまで、定期的に作品を入れ替え展示していきます。

03_04.jpg

展示品に関しては販売できるものもありますので、興味のある方は店内にてお問合せください。

kinu-sio0809_goannai.jpg

食と鬼のコラボレーション。
ホテルならではの静かな雰囲気で、三河の新鮮な食材を使った美味しい料理を食す。

そういえば最近、この手のお店には行ってません・・・
たまには気分転換に出かけなきゃね。

商談とかには持ってこいの穴場かと・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
posted by 若鬼士会 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年08月02日

灼熱の岐阜へ Part2

研修旅行2日目。

昨夜の鵜飼は、期待以上のもので満足でした。

ロビーにて出発前のひととき。(酒が抜けきれてない・・?)
gifu2_1.01.jpg



午前中は、美濃瓦協業組合さんを訪問。
先方のご好意で、写真撮影OKでした。

mino01.jpg

社寺仏閣をメインに、製造から施工までやってみえます。
文化財復元等も多く手懸けられ、、
故に大方が受注生産で余剰在庫は、ほぼゼロだそうです。
理想的です。
瓦屋というのは、本来はこうでした。
ハウスメーカー主導の三州大手メーカーとは対照的です。


制作現場です。

mino02.jpg

若手の職人さん、がんばってみえます。

mino03.jpg

mino04.jpg

ベテランの職人さんも気安く対応してくださいました。
図面を広げて、うちの割付はこうだが三州はどうだ・・・などと、
鬼瓦談義で盛り上がってしまいました。

いろいろと勉強になりました。
美濃瓦さんのご好意には心より感謝!



午後は、美濃市「うだつの街並み」散策です。
昼食は、あらかじめ予約をしておいた「郡上屋」さんで。
外気温は35℃。
キンキンに冷えたおしぼりは、メチャありがたかったです。

udatsu01.jpg

観光協会にお願いしておいた、
ボランティアガイドさんが、お迎えに来るまでしばしの休憩。
いにしえの街並みの散策=灼熱地獄・・・
正直、ちと、気が重い。


udatsu11.jpg

国の重要文化財に指定されている「小阪家」。
江戸時代から続く造り酒屋で、住宅兼店舗として使われています。
今も酒造りが行われていて、長良川の名水で醸された地酒を買って帰ることができます。

udatsu12.jpg

「小坂家」は、むくり屋根のうだつになっています。

□うだつ□
うだつ(卯建)は建築用語で「宇立」とも書かれる。平安時代は「うだち」とよばれたが、室町以後うだつと訛った。本来は梁(うつばり)の上に立てる小さい柱のことをいった。そののち、切妻屋根の隣家との間についた小さい防火壁で、1階屋根と2階屋根の間に張り出すように設けられているものもうだつと呼ぶようになる。本来、町屋が隣り合い連続して建てられている場合に、隣家からの火事が燃え移るのを防ぐための防火壁として造られたものだが、後には装飾的な意味に重きが置かれるようになる。自分の財力をアピールする為の指標として関西地方を中心に商家の屋根上には互いに競って立派な卯建がつけられた。江戸時代中期頃に造られるようになったという。

設置するにはそれなりに費用も要し、比較的裕福な家に設けられることが多かったことから、慣用句として使われるうだつがあがらないの語源となっている。うだつがあがらないとは、仕事などで成果が出ず、先の見込みがない状態を言う。ただしこの語源には諸説がある。
(Wikipedia より)


udatsu14.jpg

かなり凝っています。


udatsu15.jpg

江戸時代末期に庄屋を務め、昭和16年ごろまで和紙の紙問屋として栄えた今井家の住宅。中庭の水琴窟(すいぎんくつ)で、お試し。綺麗な音が響きます。
聞くところによると“日本の音風景百選”に選ばれているそうです。奥の蔵が資料館となっています。


こちらは、
うだつの街の中にある「美濃和紙あかりアート館」。
外があまりに暑いので、涼しい館内で休憩。

展示室はランプシェードの明かりのみで幻想的です。

繊細。

udatsu06.jpg

udatsu07.jpg

udatsu08.jpg
2007年に行われたイベントのひとこま。


今年度、国内最高気温地域の肩書きは伊達ではない。
とにかく暑かった・・・
しかし中身は、かなり濃く充実の2日間でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ にほんブログ村 インテリアブログ 和風インテリアへ にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ
posted by 若鬼士会 at 18:18| Comment(1) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年07月24日

灼熱の岐阜へ Part1

 毎年恒例の三州鬼瓦製造組合の研修旅行。

暦の上では「大暑」の時期に、全国屈指の猛暑地帯、岐阜です。
外気温は、体温を超えています。

あぢぃ〜!!、屋根屋さ〜ん、大丈夫でっか?

参加者16名、マイカー乗合わせという節約旅行に付き、
コースは東海環状道沿線で且つ、何でもありの欲張りコース。

今回のテーマ・・・・
 ・近代アートを見る。感じる。
 ・歴史にふれる。
 ・古の街並み散策。
 ・同業他産地企業訪問。


地元高浜市を午前に出発し、
第1目的地、土岐プレミアム・アウトレット
組合員の平均年齢が40歳前後という所以。

gifu0_00.jpg

ランチを兼ねてウィンドウショッピング。
「DIESEL」にて、着替え用のTシャツ2枚お買い上げ。

昼食後、車で10分程の、
岐阜県現代陶芸美術館「セラミックパークMINO」へ移動。

英国の名門、かの有名な「ウェッジウッド」の特別展を観覧。

gifu0_02_wedgewood.tct.jpg
チケットの半券。

さすが、細かい、いー仕事してます。感心。


同館イベントホールで、
外車ディーラーの展示会をやっていたので冷やかし。

個人的には、あまり魅力は感じませんが、
話の種に会場で一番高価な2台、メルセデスのAMG E63ワゴン、AMG SLのドライバーズシートには、ちゃっかりと座ってきました。

個人的に印象に残ったのは、BMW X6
クーペタイプのSUVという中途半端?斬新??なスタイルで存在感は強烈、、しかもでかい。(腰高ゆえでかく見える?)
価格帯は、850〜1050諭吉。AMGよりはるかにお値打ちだが、若鬼士にとっては、夢の夢。

若鬼士は、物欲よりも、○欲!



再び、高速道路に乗り本日の宿泊地に向けてGO!

gifu0_0.jpg

お泊りは、ちょっと気張って岐阜グランドホテル

ここにした理由は、「いにしえの鵜飼をリッチに楽しむ!」
ちなみに鵜飼は1300年の歴史があり、
鵜を操る鵜匠のうちの数名は宮内庁の所属だそう。
ここでも伝統文化継承のために日々、努力してみえる訳です。

gifu1_01.jpg

夕食は風流に鵜飼を楽しみながら戦場で。船上で。
外での食事は一段と、ビールが美味ちぃ〜。暑いし。

船の上ゆえ、松花堂弁当となっております。
すでにローストビーフに手がつけてあります。
さすがホテルの弁当、美味しくいただけました。

gifu1_02.jpg

ホテルの板前さんが、鮎の塩焼きのデリバリーサービス。
焼きたては、うまい!
仕上げは、鮎雑炊。

gifu1_03.jpg

暑い・・・。

・・・が、時折、川面をつたって来る風の心地良いこと。
エアコンが普及してなかった、子供のころを思い出します。

gifu1_03.jpg

飛沫がかかるほどの、かなり近くです。

食欲も満たされ伝統文化にも触れ、それぞれの夜はふける・・・・

2日目は、近日アップします。 To be continued!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 若鬼士会 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年07月08日

手懸けた鬼瓦、「その後」・・・

自分が手を懸けた造ったあの鬼瓦は、今頃どうなっているんだろう?

このように考えるのは、私だけではないと思う・・・
何かと思い入れの深かった仕事はなおさら、そう感じる。


週末の午後、
茹だる熱さの仕事場を抜け出し、滋賀へ出向いた。
ちょっと贅沢して、新名神経由。
家から栗東IC.まで2時間弱。快適、早い。

shohrinji.0.jpg

用事を済ませ車に乗り込み帰路に着く・・・

ちょっと待て、
1年前にやった鬼の現場は、確かここから近いはずだ・・・

急に思い立ち、ちょっと足をのばしてみる。

制作当時には、住職さんはじめ数名がわざわざ工場見学にみえた。
その時のやり取りなど、薄れた記憶をもとに辿ってみる。


湖畔の集落に差し掛かった。
注意深く見ていると、この周辺は結構お寺が多いことに気付く。

多分このあたりだと思うけれど・・・
集落の中で一ヶ所、周りを木々に囲まれた、それらしき場所がある。
外から見ただけでは、寺なのか何かは分かり辛い。

車を停めて狭い路地を塀づたいに、ぐるっと廻ってみる。

こじんまりとした山門を発見。


「これだ!」


入って良いものかと中をのぞいて見る。

shohrinji.00.jpg


すると、そこは・・・別世界。

けっして広くはないが、
敷石と苔、庭木の緑の絶妙なコントラストの空間が広がっている。


shohrinji.03.jpg

庭についての知識は乏しいが、
永い時間の経過を、侘び寂を感じさせる。

日本人だから潜在的にそう感じるのか・・・?


心地よさに誘われ中へ足をすすめてみる。


「あった!」


shohrinji.01.jpg

自分の手元を離れて1年ぶり、鬼瓦との再会である。

shohrinji.02.jpg
大工さんがみえたので会釈。
中造作をやってみえる。

まだ完成してないのか・・・丁寧な仕事だなぁ、と感心。


そうこうしていると、竹箒片手にTシャツ短パンの日に焼けた
初老の男性が近づいてきて、声をかけてきた。


「お久しぶりです」


・・・・あっ、以前、うちにみえた住職さんだ、憶えていてくれたんだ!・・・


「どうも、ご無沙汰しています。
近くまで来る用事があったので、ふと、想いだして足が向いてしまって・・・。」


「遠いところご苦労様です。憶えていてくれて光栄やな。
屋根、立派に出来ましたやろ・・・皆さんのおかげです。」


shohrinji.04.jpg


感無量・・・・


寺の由来、庭の事、鬼へのこだわり・・・
住職が、やさしい面持ちで語る。

裏で作業していた左官さんも加わり、話が尽きない。


shohrinji.05.jpg


陽がかなり傾いてきた。

完成後に、またお邪魔することを約束。

shohrinji.07.jpg


帰り際、山門を出て、

ふと、足元を見ると・・・・かわら


shohrinji.06.jpg

久しぶりに優しい気分に浸れた、午後のひとときでした。  by ひこにゃ


にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ                  
posted by 若鬼士会 at 17:40| Comment(5) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年05月09日

五月病の気配あり?・・癒し系グッズ

ゴールデンウィークも明け、ちょっと疲れ気味?!
・・・なのは、自分だけでしょうか?

wakakishi_greenpot.jpg

若鬼士会は、いろんなモノつくっています。
いぶし瓦素材のほかに、
窯変(還元焼き)、オリジナルブレンドの施釉作などなど・・

strup.jpg
ちょっと、お疲れのあなたに、
柔らかな土の温もりが感じられる・・・
自然から生まれた、エコアイテム。
若鬼士オリジナル癒し系グッズは、いかがですか〜。

iwane.jpg

ちょっとワイルドなタッチの鉢+レアな山野草アレンジ。
そんじょそこらでは、手に入りませんよ。
すべて職人の手作り品。数量限定で〜す。

ここに載せた作品は、ほんの一例です。
お問い合わせは、メインサイト組合員紹介 から。
詳しくは、直接、お電話でどうぞ。
窯元直接交渉!値切ってください。意外な掘出し物が、あるかも。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

posted by 若鬼士会 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年05月04日

おにニャん日記

005.JPGおにニャん登場

おにニャん3日のゴールデンウイークに亀崎の山車まつりに行ったにゃん山車と言えば高山が有名だにゃんでも亀崎の山車もなかなかいいにゃん、猫特に装飾彫刻がすばらしいにゃん猫みんなも一度見てもいいにゃんexclamation
posted by 若鬼士会 at 11:48| Comment(1) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年04月30日

世間はゴールデンウイーク真っ只中!

連休のせいか、ファミリーカーがやたらと目立ちます。
明日からガソリンも値上げということで、
ガソリンスタンドは、長蛇の列。
皆さん、行楽地へお出かけなんでしょうね、きっと。

ちなみに、三州のメーカー(窯元)は、
5/2〜5/6 が、お休みのところが多いようです。

当所もそれに右へならえですが、
自分はというと、普段の働きが悪いのでGW中は、お仕事。
平日は工房に入っても、電話やら来客が多く
なかなか仕事もはかどりません。
夜や、休日は自分のペースでやれるし、横槍が入らないので、
非常に効率がいいのです。
どうやら自分はエンジンがかかるまで、時間がかかるタイプみたいです。(これって多分、言い訳。責任転嫁!)

まぁ、そんなこんなで連休は出かけるあても無いし、
はなから、連休中にやってしまおうと企んでいた仕事もあるので
勤労中年に徹します。

休憩の合間に、ブログもアップします(多分。) by 管理者
posted by 若鬼士会 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年04月11日

「屋根瓦と200年住宅」

0.jpg 
昨年10月に、MISAWA・international株式会社が発表した、200年住宅「HABITA」ブランド。一世代建替えの消費型住宅の多い中、堅実なコンセプトでスタートしました。
 その後、去る3月18日付の社長さんの三澤ブログに「瓦屋根と200年住宅」という興味深い書き込みがありました。
このを借りて紹介します。        by管理人
posted by 若鬼士会 at 21:38| Comment(6) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年03月28日

以前、みんなで造った!

jgre.jpgt[|bg@re.jpgフラワーポットは、若鬼士会のみんなで造ったものです!
竜は、鬼瓦組合、若鬼士会で造りました。
posted by 若鬼士会 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

東京へ

kimeobujye20.3.3.jpgkimen mansyon20.3.3.jpg3月3・4日に、東京ビックサイトに、三河の窯業展の飾り付けとお客様とお話をして来ました。3日の9時に現場に着きましたので、あいた時間に、8年前に、造らせて頂いた鬼面オブジェを見に行きました、西新宿の先にありました。その時の写真を載せます。
守護神をイメージして、お客様の幸せを願いつつ造ったものです。
posted by 若鬼士会 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年03月07日

「鬼みち」〜日本の歩きたい道500選〜

ga1.jpg16-3.jpg15-17.jpg

三州鬼瓦の産地、愛知県高浜市には、隠れ名所「鬼みち」なる散策路があるにゃん。
コースは3〜4km?、名鉄三河線の高浜港駅から三河高浜駅の1区間にゃん。
なんと「日本の歩きたい道500選」にも登録されてるんだにゃぁ。
このことは、地元のひこニャンでさえ最近知ったニャン。

コースには、港駅から徒歩1分の「我羅里ibushi」、オブジェをあしらった休憩できるミニパークが所々にあるにゃん。かわら美術館、森前公園、数々のお寺、大山緑地、春日神社など、現代的なオブジェから、今も屋根に乗っている現役の由緒ある鬼瓦など、見どころ山盛りニャン。

これから暖かくなってくるから、一度歩いてみるといいかもにゃ。終点の大山緑地は桜の季節は最高ニャン! by ひこニャン8-31.jpg
1-5.jpg2-2.jpg
posted by 若鬼士会 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年02月24日

おにニャん日記

おににやんだよ〜ん牢久し振りだニャん。皆元気だったかニャん、おににやん、絵を描いたんだニャん!人間が絵というものを好むとか聞いたんだみゃmm、おにニャん書いてみたら、こんな猫の手でも書けたニャんわーい(嬉しい顔)今どこどこの園芸屋さんの展示会で展示されているニャん、チラッと人間にまじって見に行ってきたニャん、ナカナカ良かったにゃんわーい(嬉しい顔)
posted by 若鬼士会 at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年02月18日

鬼師

鬼瓦を作る職人のことを鬼師と呼びます。熟練の技が必要とされ一人前になるのに10年ほどかかります。最近は若い鬼師や女性の鬼師も増え、新発想の鬼瓦やオブジェといった独自の作品づくりにも積極的に取り組んでいます。鬼瓦は時代を越えて大勢の人に見てもらう事が出来ます。鬼瓦は単なる飾りではなく、災いからら家族を守るという願いが込められたもの。日本人なら瓦屋根
鬼瓦を屋根に飾ってみてはいかかでしょ!!


 by鬼嫁
posted by 若鬼士会 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年01月25日

おにニャん日記

おにニャんは京都の知恩院のお寺に仕事でいきました寺の中に勢至堂という建物の鬼瓦を修復したにやんそこではイベントがあって江戸時代の法然さんとかいう人がつくった寺だそうでしたその寺で中の様子を見せてもらえるみたいでひとがいっぱっいだったにやんでもおににゃんの作った鬼みんな見てくれるのかな見てくれにやんにやんおににやんはみやげもの売り場のとなりの南門も作ったにやんみんな京都に行ったら見てにやんにやん
posted by 若鬼士会 at 22:26| Comment(1) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年01月14日

初窯2008 by ひこニャン

o20080114_00.jpg初窯を開けました。

お客様から注文の鬼面は無傷であがりました。おかげさまで、いい感じでスタートを切ることが出来ました。

それにしても、窯のガス代が月々10円/sペースで上がってきているので、流石にキツイです。
posted by 若鬼士会 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年01月12日

ひこニャンの、かんたんレシピ!

nakid-ppc12.jpg鬼ばかりでなく料理も作ります宣言!

今日はお家で作る本格イタリアン!ニンニクと唐辛子のスパゲッティ、ペペロンチーノの巻。

ペペロンチーノは、本来、ご当地イタリアでは、全く炒めずに、オーリブオイルを熱し、刻んだニンニク、唐辛子を入れ、茹で上げたパスタと混ぜ合わせるだけだということを知り興味津々。果たしてベーコンも化学調味料も無しでおいしく作れるのか?
 早速、実践!挑戦!!
材料(3人分):パスタ1.5ミリ 300g、水3リットル、塩40g、ニンニク中3片、唐辛子2本、オリーブオイル60cc、鍋(大、小)、パセリ少々
作り方:
ニンニクは芽を取り薄切りにしてから更にみじん切りにして15分程度放置(香りが増す)。唐辛子は種を抜き、細かく輪切りに。
小さな鍋にオリーブオイル、ニンニク、唐辛子を入れ絶対に焦がさないように細火で加熱。あわ立って来たら火を止める等して15分ほど火を入れる。
パスタは、塩を完全に溶かした鍋で、規定の茹で時間より30秒ほど少なめに茹でる。
さて、ここからがミソ!
茹で上がったパスタの茹で汁を、おたまに2杯ほど取っておき、湯切り。
再び、パスタを鍋に戻し火を入れておいたオリーブオイル、ニンニク、唐辛子をパスタを戻した鍋に投下!軽くオイルを馴染ませ、取っておいた茹で汁をパスタに徐々に混ぜ、鍋を振りながら混ぜる、手早く混ぜる、混ぜる・・・あーら不思議、水と油が混ざって乳化してきました。こうなればしめたもの、出来上がり!
オリーブオイルの香りが好きな人は、エクストラバージンオイルを最後に軽く絡めるのもアリ。
お好みで、ブラックペッパーをふりかけ、熱いうちに召し上がれ!!
「目から鱗」モノです。

これをマスターしたら、トマトを加えてアラビアータとか、具を増やせば、色々なバリエーションが楽しめます。
めちゃシンプルなパスタの王道、にんにくベース、ペペロンチーノでした。


posted by 若鬼士会 at 16:12| Comment(4) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年01月05日

おににゃん日記

またまたおにににゃん登場みなさんもお正月気分はぬけたにゃんか?おにににゃんはまだだめです。このままず=と休みがいいですね。。猫でも今年は業界以外の人にいぱっいおににゃんの製品を見てもらいたいにゃーもし作ってもらいたい物があればリクエストしてねビールバーじゃんじゃん作るにゃんばいにゃん
posted by 若鬼士会 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2008年01月04日

おにニャん日記

正月はいいにゃん!でももうすぐ終わるニャん、ずーと正月という暦の国に行きたいニャん!おにニャん由布院という温泉地にでかけたニャん。しいたけというkinokoがうまかったにゃん!ついでに長崎まで足をのばして、ハウステンボスにわらじを脱いだにゃん。ハウステンボスには、おにニャんの仕事はなかったにゃん!大事なヘラを置き忘れそうになったニャん!おにニャんやっぱり京都がいいにゃん!おにニャんの仕事があるニャん!今年もおにニャん京都に旅に出るニャんかなぁ?
posted by 若鬼士会 at 17:16| Comment(1) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2007年12月22日

おにニャん日記 5

ukon.jpgおにニャんまたまた出ました。おにニャん昨日行ってきたよーん!人間がいう名古屋のミッドなんとかいうビルに!高そうなお店(ブランドとか言っていたニャん)みたいなことを人間たちが言っていたニャん、おにニャんにはあんまり関係ないにゃん。人間のいうイタ飯というものを食べたニャん、ピザとかニョッキとかうまかったにゃん!なんといってもおにニャんの好きなビールやワイン(おにニャんこの飲物も好きニャん)が飲み放題だったニャん。おにニャん満足満足!二日酔いになるとおにニャん仕事ができなくなるので、飲む前に『ウコンの力』を飲んでから、飲みホウダイで飲んだニャん、人間に言わせると、『ウコンの力』を飲むと二日酔いにならないらしい?今日おににゃんすっきりニャん、今日も鬼士の修業に勤しむニャん!頑張るニャん!!
posted by 若鬼士会 at 22:45| Comment(1) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー

2007年12月20日

おにニャん日記 4

midlandsq.jpgおにニャンだよん!バージョンえたよーーん!おにニャん人間の言う正月の松竹梅をこのまるっとした猫の手で作っよーん!おにニャんの作った瓦に入れてやったら、人間がおどろいていたよーん。展示会にもなんか作ったら人間が喜ぶかニャん!結構女の人間に受けたニャん!嬉しいにゃん、おにニャん女の子がいいにゃん!おにニャん明日は、女の子とかいう人間の好きらしい名古屋駅のミット・・・なんとかいうビルのイタメシ屋に行くにゃん!結果はまた明日報告するニャん!飲み放題5000円という金額らしい、おににやんの好きなビールとかワインとかいう人間の女の子が好きな飲み物もはいっているらしい。イタメシってよくわからないけど、人間は好きらしいニャん!
posted by 若鬼士会 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お気楽ダイアリー